スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウツギ:3

庭のウツギの中でも最後に咲く
   シロバナヤエウツギ
最近雨が多くてぱっとしない天気が続く中、この花の周りだけは明るく見える。
後ろには隣の家の物置があるんだけど、このウツギがそれを隠してくれてありがたい。



シロバナヤエウツギ
シロバナヤエウツギ
しなだれて地面につきそうになって咲いている。



右側から
シロバナヤエウツギ



左側から
シロバナヤエウツギ



こんな花
シロバナヤエウツギ

緑が多い庭の中ではこういう『真っ白い花』って綺麗!







本日のおまけ

友人とイチゴ狩りに行って来た。
イチゴ畑
イチゴ狩り



イチゴ
イチゴ狩り
摘みながら、かなりの量がお腹の中へ.....ふふふ。



短時間であっという間にバケツ一杯
イチゴ狩り


入園料は無料。
入園時に手持ちの容器の重さを量ってくれる。
全体の重さ−容器の重さ=摘んだイチゴの重量 となる。
1kgが約250円。
今回バケツ一杯で約1000円、安いよね〜!


イチゴジャムを作った。
イチゴジャム
美味しいよ〜!



スポンサーサイト

クレマチス

クレマチス:白万重が欲しくて......
近場では見つけられずネットで購入したのが去年の事。



去年5月、届いたとき。
クレマチス
藁が詰められていた。
ワクワク、ドキドキ♡



藁を取り除くと
ギャッ、上下逆さまだー!
クレマチス
鉢からすっぽり抜けて、根も見えている、しかも枝は1本折れてるし....
こんなんでちゃんと育つんだろうかと心配になった。



咲いてみたら白万重じゃない!
たぶん アークティッククゥーン かも。



今年も咲いて来た
クレマチス

クレマチス

クレマチス

真っ白の八重咲きが綺麗だけど、白い壁に白いお花は目立たないね。
夫がこのクレマチスを気に入ってるのでネットショップにクレームしないまま1年が過ぎてしまった。
でも、やっぱり、白万重が欲しかったな〜。


プラティア

去年小さなポット苗で買った
  プラティア(スターラベンダー)
購入時にお店の人には1年草って言われたけど......
今年も綺麗に咲いて来た。




プラティア
地面を這う様にマット状に広がる、葉の高さは1〜2cm。
プラティア



極小の花
花は1cm未満かな〜、茎も3〜4センチの長さ。
となりにあるセダムの中にも伸びて行ってる。
星形で薄いブルーの花、『小花好き』にはたまらない!
プラティア

プラティア
ん〜、すっごく可愛い!

どんどん広がってくれるといいな♪






本日のおまけ
友人と私の大好きなカフェへ行って来た。
お目当ては手作りケーキと庭見学。
思った通り、大木に絡まって咲くポールズヒマラヤンムスクが満開だった。


カフェ入り口
カフェ
ゲートのアーチに絡まったポールズヒマラヤンムスク。
4年目って聞いたけど、こじんまりと仕立ててる感じ。
風に揺れる姿が可愛い。


近づくとこんな花
カフェ



裏庭の大木に絡まるポールズヒマラヤンムスク
カフェ
良ーく見たら、2本植えられていた。
これで植えてから9年目とのこと、すっごいね〜。



引いて見ると
カフェ



ガボゼ(?)に絡まるボビージェイムス
カフェ
蕾がたくさんつていた。
見頃は来週あたり?  また行かなきゃ。



木が多い庭、それぞれの木の足元の植栽もいい感じ
カフェ
ここはラミウム・クルマバソウ・早咲きのゲラニウムの3種。
参考にしたいけど、これは広い庭の場合よね。

エルダーフラワーシロップ作り

去年初めて作った
   エルダーフラワーシロップ
エルダーフラワー:セイヨウニワトコの花

作ったシロップはマスカットの香りがしてとても美味しい!
すっかり気に入って手作りシロップが無くなってからも、市販のシロップを通年愛飲している。

遊びに来ている友人とセイヨウニワトコの花を摘みに行って来た。



セイヨウニワトコの木セイヨウニワトコ



こんな花
セイヨウニワトコ



家に持ち帰って花の整理
セイヨウニワトコ



煮立てた砂糖水の中に花を入れて行く
セイヨウニワトコ
一緒にオレンジの皮とレモンの皮を擦ったもの、オレンジとレモンの実を輪切りにしたものを入れておく。
このまま一晩置いといて.....
明日には出来上がり〜!

炭酸水で割って飲むのが一番好きっ♪





家から歩いて15分程の遊歩道沿いで花を摘んだ。
自転車・ノルディックウォーキング・ジョギング・散歩・犬の散歩.....けっこういろんな人がいるもんだ。


遊歩道で見た標識
遊歩道
自然保護区と犬はリードをつける事! だって。



池に咲いていた花
睡蓮
遊歩道



河骨
遊歩道



これは何ていう花?
遊歩道
オモダカ???

黄色いつるバラ

2年目のムーンライト(コルデス作出)

雨樋のパイプを隠したくて植えたけど、今年は無理っぽい。
来年に期待だね。
隣に植えてあるラベンダーと色の相性がいいかな〜と思って薄い黄色のつるバラを選んだ。



全体:まだ小さいね。
ムーンライト



蕾は濃いオレンジ色
ムーンライト



咲き始めは中がオレンジ
ムーンライト



咲くと黄色
ムーンライト



開ききると薄いオレンジ
ムーンライト
カタログで見るより実物の色の方が好み!
よかった〜♪






本日のおまけ

明日から4〜5泊の予定で友人が遊びにくる、楽しみ〜!
到着予定は朝の7時頃......一緒に朝食をとろう。

去年のクリスマスにこの友人からガラスの花瓶を頂いた。
とってもオシャレな花瓶で底が平じゃないの。
庭の花で『お迎え花』(ちょっと大げさだね)をしつらえてみた。


ハナショウブの葉とシレネ・ディオイカ
花舞?
気付いてくれると嬉しいな。


ツルアジサイとモモバキキョウ

1週間前がピークだったツルアジサイ
入り口ゲートの脇にあって、甘〜い香りを漂わせてた。
1年でかなり伸びるので壁についてる番地が隠れてしまう.....
毎年適当にバサバサ剪定してるけど、今の所問題無し。



ツルアジサイ
ツルアジサイ
(6月18日撮影)



こんな花
ツルアジサイ
質素だけど存在感あり。





日当りの良い花壇でモモバキキョウが咲き始まった。
カンパニュラよね、紫もいいけど白も好み〜♪
花がらを摘んであげると、意外と長い間楽しめる。
地下茎で増えるのか、毎年広がって来ている。
日陰に移植したものはまだ堅い蕾のまま.....ってことは日陰でも花が咲くってことよね。
いろいろ試してみるもんだねぇ。


モモバキキョウ
モモバキキョウ

モモバキキョウ



こんな花
モモバキキョウ

モモバキキョウ







本日のおまけ
昨日庭にいたら♪カンカンカン♪とキツツキの働く音が聞こえた。
急いでカメラを取りに行って戻ってみたら、まだお仕事中、ラッキー。
初めて撮影成功!


アカゲラ
アカゲラ

アカゲラ


アルペンブルーの小山

テラスにある
カンパニュラ・アルペンブルーの小山
この小山は瓦礫(コンクリート破片・割れたレンガ・石・岩)が積まれたもの。
土はほんの少しなんだけど、こんな環境が好きな花なのね。




アルペンブルーの小山を一周アルペンブルー


アルペンブルー


アルペンブルー


アルペンブルー


アルペンブルー

これで8分咲きってとこかな。
もうしばらく楽しめそう。





こぼれ種でも増えるし、移植にも強い。
ここの土地に合ってるんだろうね。
ミニバラを登って咲いている
アルペンブルー



品種不明のつるバラにも
アルペンブルー



白いつるバラにも
アルペンブルー



コリダリス・ルテアの中にも
アルペンブルー

こぼれ種

こぼれ種で広がった
 ジギタリスポピー


庭のあちこちで芽吹くので、一カ所にまとめて移植したり、抜いたり.....
ある程度成長しちゃうとポピーは移植に弱いし、可哀想な気がして抜けなくなってけっきょく毎年あちこちでパラパラと咲く事になるのよね。 




ジギタリス
今年はなぜか背も低いし花や葉も小さく咲いている。
でもこんな華奢な姿も野草みたいな感じで好きかも。
始まりはたった1本のジギタリスからなんだけどね。


桜の足元で
ジギタリス


 杏の足元で
 ジギタリス


 紅スモモの足元で
ジギタリス


 白いつるバラの横
ジギタリス


アジサイの足元
ジギタリス


台所の窓の下
ジギタリス
昨夜の雨でひどい事になっている〜。


ほとんどが濃いピンク色。
白と薄ピンクは1本ずつ.....白、増えて欲しいなぁ。





ポピー

リビングの窓の下
ポピー


部屋の中から見ると
ポピー


池のふち
ポピー


今まで見た事が無い色のポピー
ポピー
目印になるように茎にリボンをつけといた。
種が穫れたら蒔いてみよう!

ロサ・ムルティフローラ

トンネル仕立てにした
  ロサ・ムルティフローラ(ノイバラ)
途中で支えを補強したので、今年は何とか通れるサイズを保てたトンネル。


今年は枝の伸びもすごいけど、花の数もものすごい。
その数、4桁はありそう.....それとも5桁? いや、まさかね〜。
でも残念なのが庭の中心から見えないし、家からも見えない事。
香りだけは広範囲に広がってるんだけどねぇ。



トンネルの入り口から見ると
ノイバラ



入り口で仰ぎ見ると
ノイバラ

ノイバラ




今年は逆側にも枝が伸びた
ノイバラ




もう片方の入り口から見ると
ノイバラ




そこから仰ぎ見たら
ノイバラ

ノイバラ

ノイバラ




こんな花
ノイバラ
花径3cmくらい



あぁ〜うまく撮影出来なくてもどかしい。
全体を写すためには屋根に上るしか方法はなさそう。




ノイバラの幹
これってどう見ても『木』だよね。
水色の線はトンネルの支え棒。
snap_garten2010_201364222435.jpg


 


庭側から見ると......
ノイバラ
ねっ、ライラックの木に隠れて何も見えないでしょ。
まさかこの奥にノイバラ軍団があるなんて思えないよね。




昨夜の雷雨に打たれ散って来た
ノイバラ
あぁ〜、綺麗な物は短命だね。




トンネルは4〜5mに伸びた枝が幾重にも重なってるので、下の枝には光が当たらないし花も咲かない。
適当に仕立ててもこの伸び&花つきなんだから、本気で仕立てたら軽く小さな小屋くらいは覆えるんじゃないかな〜。

来年はどんな仕立てにしようかと考えるのも楽しい!

ロサ・カニナの記録

この辺りでは自生しているロサ・カニナをよく見かける。
道路脇・牧草地・林の際等、けっこうあちこちで薄いピンクの花が咲いている。
しだれてタワワに咲く姿は ”木” のよう。



庭に突然現れた原種バラロサ・カニナ(ドッグローズ)



2010年物置の壁に2株のバラ
借家の庭に植えられていた。(品種不明)
つるバラ




2010年6月台木から2本のシュートが伸びる
つるバラ
この時はまだこのシュートがロサ・カニナだとは知らなかった。




2011年3月物置の壁からアーチへ移植
5月に花が咲いてやっとロサ・カニナと判明。
ロサカニナ
1年でアーチの上部で花が咲く程たくましく育つ。




2012年3月アーチから花壇へ移植
ロサカニナ
5月開花、暴れまくって手に負えなくなる。




2012年6月、開花中の強引な移植
リンゴの木に絡ませる事にした。
これだけ生育旺盛でしかも強健ならいけるはず! 





2013年、今年も無事開花
ロサカニナ




けっこう高い所でも咲いている
ロサカニナ




ロサ・カニナの花
今年は花が大きい気がする、6〜7cm。
ロサカニナ

ロサカニナ
園芸種のバラもいいけど、こんな素朴で何気ない雰囲気が好き!



度重なる移植にもめげず、しかも半日陰の場所なのに可愛い花がたくさん咲いた。
ごめんね〜、でももうここが定住の地だから安心して育ってね。

クレマチス:ネリーモーザ


昨日は気温がいきなり30℃まで上がり、殺人的日差しの快晴。
お花も私もグッタリ。
夕方の水まきの時、自分にもまいておいた。
今日は35℃の予報、庭仕事はやめておこう。
ここらで一雨欲しい、庭がカラッカラだよ〜!




リンゴの倒木に絡ませた
  クレマチス:ネリーモーザ



本当はこんな花 
ネリーモーザ
2年前、購入した年に撮影



今年の蕾
なんだかとても大きい気がする。
これはひょっとして.......
ネリーモーザ




開花1日目
DSCF1871.jpg
やっぱりね、あの大きな蕾は八重だった。




開花2日目
ネリーモーザ
あの〜、貴女はどちら様?




開花3日目
ネリーモーザ
さらにゴージャス感が増している。




そして今朝
ネリーモーザ


本来は一重なんだけど......
去年も一番花だけ八重になり、2番花はプチ八重、その後は全部一重だった。
今年は八重が7〜8個はあるかな。
これが『枝変わり』って現象なの?

一株で2度美味しいうちのネリーモーザ







このリンゴの倒木にはもう1種類のクレマチスを一緒に絡ませてある。
クレマチス:ミスベイツマン
ミスベイツマン

同じパテンス系なので同時に咲いてくれる事を期待してたんだけど.....
咲く時期がほんの少しずれている、白が終わる頃ピンクが登場する。
思い描いた様にはいかないね〜。

赤いつるバラ

つるバラシンパシー(コルデス1964年作)


赤いつるバラが欲しくて、去年3月末に近くのホームセンターで購入。
コルデス社に注文しても届くのはず〜っと先になるので、近場で激安(約400円)な苗を入手。



ロウ引き?(2012年3月)
苗の地上部全てにロウが引かれてる、どうして???
鉢の中側には金網が入っていて、その金網も一緒に植え付けると説明書き。
金網は取り除いて植えたけど.....
つるバラ赤
緑のピカピカはロウだよ〜。




1ヶ月半後(2012年5月)
つるバラ赤
順調に育ってた。
あのロウって問題ないんだぁ。



その後夏にはそこそこの花が咲き、秋には枝が枯れ始めた。
ベーサルシュート(?)だけ生き残って、他の枝は全滅。



今年はどうなる事かと思っていたら.....
スタンダード仕立てみたいな姿になった。
つるバラ赤



黒っぽい蕾
つるバラ赤



開花とともに黒が薄くなる
つるバラ赤




咲いたら赤.....ほっ。
つるバラ赤







本日のおまけ

草取りしていたら葉陰に2匹のサンショウウオ
サンショウウオ

1匹を仰向けにしてみたら、ず〜っとそのまま。
我慢強い!
動かないのは保身なのかなぁ。
でもこの姿笑えるわ、ぷっ。

ウツギ:2

 ベニウツギ

毎年5月末には見頃になるのに、今年は随分遅れたなぁ。
去年少し剪定したので小振りに咲いている。
枝が暴れてるより、このくらいがちょうど良い感じ。



ベニウツギ
ウツギ



少し近づいて
ウツギ



もっと近づいて
ウツギ



剪定し忘れた枝
ウツギ
3m近い高さでしなだれて咲いている。
遠目で見るとつるバラみたい.....






週末にまた柳の木が倒れた
これで何回目だろう。
株元が古くてもろくなって来てるからしょうがないかぁ。
snap_garten2010_201361101432.jpg
夫に切ってもらって整理した。
隣にあるライラックとノイバラの上に倒れたので、開花して来たノイバラがちょっと痛んだのが残念。



ついでに石化柳も今年2回目の剪定

葉が茂って重たくなったのか株元が怪しい。
負担を軽くするため思いきった剪定をしてみた。
石化柳

石化柳


またまた剪定枝のストックが増えた。
前回のも消化しきれてないのに、やっぱり捨てられないのよね〜。





セイヨウオダマキ

こぼれ種で良く育つセイヨウオダマキ
5月中旬から咲き始め、そろそろ終盤。

庭のあちこちに広がってるものを何カ所かにまとめたけど.....
多すぎて最近は発芽した物を見つけると抜いている、ちょっともったいないね。

基本的には2種類なんじゃないかなぁ、ピンクと紫。
でも交雑を重ね、一重だったり八重だったり色が微妙に違ったりと、一つとして同じ顔が無い様に思えてくる。



紫がかったピンク
オダマキ



紫・八重
オダマキ



ピンク
オダマキ



白い縁どりの紫
オダマキ



ピンク
オダマキ



中が白い紫
オダマキ



ピンク
オダマキ




オダマキ



光沢のある紫
オダマキ



うすピンク
オダマキ



赤っぽい紫
オダマキ



これからチビ苗を見つけたら、また何処かにまとめて植えてみよう。
どんな花が咲くのかな.....ってのも面白いかも。
白い花が突然現れてくれると嬉しいなぁ、それはないかっ!






コルデス社

ことしで創業126年と言う長い歴史を持つ
バラのナーサリー、コルデス社。
去年は125周年記念のイベントの案内をもらっていたにもかかわらず、所用で行けずじまい。

普段は金曜は12時までの営業、土日は休みと言う雇用者にとっては優しい企業。
でも顧客にとっては、なんとも不便な営業だよね。
年に一度の週末オープンデー&即売会に行ってきた。
初コルデス社訪問にドキドキ・ワクワク!



車庫に会社のロゴマーク
コルデス社



事務所横のロゴ
コルデス社



広大な敷地に立ち並ぶハウス
コルデス



ハウスの中で咲くバラ達
数ある中で気に入ったバラ3種
コルデス
コルデス
コルデス
今回は何故かアプリコット色系に心魅かれた。
花も段階ごとに色が変化するようで、それも魅力!



外に並ぶ鉢軍団
コルデス
どこを見ても管理が行き届いているのがわかる。



新種のバラコーナーで見つけた子
コルデス
色・形・香り、すっごく気に入ったバラ。
迷ったあげく買わなかったけど、やっぱり後悔してる。



宿根草販売コーナー
コルデス
あれもこれも欲しかったけど、2種だけ購入。



宿根草コーナーにあったベロニカ・ブルーフォンテン
コルデス
綺麗な青!
これも迷って迷って、買わなかった組。




併設の庭は自社のバラと自社で扱ってる宿根草で作られている。
植栽や組み合わせの参考になるなぁ。
でもバラが見頃になるのはもう少し先、満開の時は見事なんだろうね。
コルデス




今回、購入した3鉢
コルデス
左上:ギボウシ・パトリオット
右上:サルビア・ネモローサ  メイナイト
下:青系のばら ノヴァーリス




チャイブビネガー作り

バラのコンパニオンプランツとして種から育てたチャイブ
2年目から花が咲くようになり、3年目の今年は花が増えた〜♪
......と言っても、20数個だけど。

チャイブビネガー前から作ってみたかったのよね。
作ると言っても酢に漬けて1週間待つだけなんだけど。



チャイブの花
チャイブ

 


ワインビネガーに漬け込んで1日目
チャイブ
既に色がついてる。




1週間後
チャイブ
綺麗なピンクになった。
ふたを開けるとチャイブの香り。




取り出した花
チャイブ
食べてみたらシャリシャリとした歯ごたえがいい感じ。



今夜のサラダは酢漬けのチャイブの花を散らして、ドレッシングはチャイブビネガーをベースに作ってみよう!
さて、酢嫌いな夫の反応は???





本日のおまけ

手作り陶芸店で見つけた一品。
円錐の底辺に穴が3つあって、3本の支柱を固定する様になっている。
いいアイデアだよねぇ!

支柱飾り(?)
支柱飾り
1年経ってちょっと日に焼けちゃったけど、今でも気に入ってる。

テラスの壁の記録

うちでは「テラス」と呼んでるけど.....
こういう場所をなんて言うのかなぁ。
3方を建物で囲まれて屋根が無い場所なんだけど。



2010年、手つかずの状態
テラスの壁
壁の右側にキウイ、左側につるバラとブドウ。
壁はほとんど隙間がないくらい、緑、緑、緑。




2011年小さなブドウ棚をつける
テラスの壁
キウイの枝の勢いが猛烈なので、かなり整理する。
壁に取り付けられていたトレリスが、両側の2本を残してあとは全部無くなってる....ひどい状態。




2011年8月トレリスを自作する
テラスの壁
キウイを掘り起こして処分する。
壊れたトレリスを撤去し、壁の右半分だけペンキ塗り。
新しく作ったトレリス設置。
キウイの代わりにつるバラを購入&植え付け。




2012年、ブドウを抜く
テラスの壁
風通しが良くなったせいか、バラのウドンコ病が少なくなった。



2013年現在、テラス全体の様子
テラス







つるバラ:ウーテルゼナー・クロスター

2011年、植え付け直後
テラスの壁
ちっさいね!



2012年、つるバラ2年目
テラスの壁




2013年、つるバラ3年目
つるバラ
トレリスの上まで届いた〜!



今日、一番花が開花
つるバラ
嬉しい!

ウツギ:1


アケボノウツギ(たぶん)
引っ越して来た年は全く気付かなかった花。
周りの木がこの花を隠してたようで。
邪魔な枝を払ったら少し見える様になったけど、隣の家からの方が綺麗に見えるみたい.....
2,5mくらいの高さで咲いている。



遠目で見ると
アケボノウツギ
写真中央上のぼ〜っと薄いピンクに見えるのが花。



少し近づいて
アケボノウツギ
けっこう花が付いててビックリ。



もっと近づいて
アケボノウツギ
下唇を突き出した美人さん?


他のウツギもまもなく開花、楽しみ〜!





今日の庭仕事
☆セイヨウ朝顔ヘブンリーブルーを定植するための場所作り。
☆チューリップの球根を掘り上げる
☆クレマチスの誘引
☆移植いろいろ
☆イワミツバと戦う(←日課?)


ヘブンリーブルー定植
朝顔


苗が余ったのでアーチのクレマチスの脇にも植えてみた。
それでも余ってる.....


ブラキカムのつり棒(?)の根元にも
朝顔
つるが巻き付いて行けるよう枝を足してみた。


今年はうまく育ってくれます様に、ヘブンリーブルー!






ゲラニウム

今年は全ての花が例年より2〜3週間遅れて咲いてくる。
異常な寒さだったからね〜。



ゲラニウム・マクロリズム
5月中旬からぽちぽちと咲き始め、今は終盤の姿
これって、ゲラニウムの原種に近いのかなぁ
マクロリズム


株全体の姿
マクロリズム
もともと借家の庭にあったので何年経ってるのかわからないけど、かなり立派な株になってる。





ゲラニウム・ビオコボ
初めての開花。
去年あたりから花壇の中に現れた子。
なんだか見覚えのある葉だな〜と、抜かずに育ててみたらゲラニウムだった。
ビオコボ


全体はこんな感じ。
ビオコボ
ここにもアルペンブルーが進出してる.....





ゲラニウム・ロザンネイ
去年小さな苗を購入、今日一番花を確認。
地を這う様に広がるんだけど、今年は立派になったわ〜。
ロザンネイ
蕾がたくさんついてて、楽しみ!
花期が長いのも嬉しい、去年は確か10月頃まで咲いていたような。


株全体
ロザンネイ
こぼれ種のアリッサムの赤ちゃんが育って来たらロザンネイが埋もれちゃうね。
今のうち何とかしなくては。





ヒメフウロ
これって雑草? と思ってかなり抜いてしまった。
1,5cmくらいの小さな花なんだけど可愛い!
来年はあちこちからかき集めて、まとめてあげよう。
ヒメフウロ


全体の様子(何が何だかわからないね〜)
ヒメフウロ
アジュガ上に黄緑色のヒメフウロの葉がかぶさってる。
この葉は他のゲラニウムとは見た目がかなり違うのね。



ところで、ゲラニウムとゼラニウムは別物なの?
うう〜ん、良くわからない。





働く夫

庭の事に関してはまったく非協力的な夫。
なのに、朝から芝刈り機の刃を研いでる.....なぜか今日はやる気満々の様子。
芝刈り後、なんと高圧洗浄機でコンクリートブロックを掃除するって言い出した。
 
明日あたり暴風雨にならなきゃいいけど......



掃除するのに邪魔!と言われたアルペンブルー
アルペンブルー
んー、確かに。
こぼれ種で壁際がアルペンブルーだらけになっている。
地上部を全部切ったけど、根が残ってるので秋頃花が咲くかもしれないなぁ。



切ったアルペンブルーは部屋の中へ
アルペンブルー



掃除前のコンクリートブロック
タイル



掃除後のコンクリートブロック
タイル
明るくなったけど今回も洗浄機の跡がま〜るく残ってるね。



その間、私は夫の仕事に口出ししないように他の事に集中しよう!



4月に処分品のヒヤシンスを買った。
1鉢に3つ球根が植えられてるのを3鉢購入。
約40円×3鉢=120円、ビックリの値段でしょ?
ヒヤシンス
4月17日撮影



来年のために庭に移植した。
ヒヤシンス





2年前に小さなポット苗を植えたら、
こんなに広がったリシマキア・ヌンムラリア
リシマキア



グランドカバーとしては優秀だけど、芝生の中に侵入して来てその部分だけ芝刈り出来ない。
芝との境をはっきりさせるための応急処置。
リシマキア
しばらくはこんな感じで様子見かな。



庭仕事の後、ク〜〜〜ッと美味しそうにビールを飲む夫。
ねっ、庭が綺麗になったらビールも美味しいでしょ!






ラッキー?

5月初旬に購入した処分品の2ポット
あまりにも安いので理由を尋ねたら
『今年はもう花が終わったから』と説明された。

前から欲しいなーと思ってた宿根草だし.....
小さな苗で400円〜500円する物が、これは約130円ってのもかなりのお得感。


連れて帰ってから3週間程したら
  あらっ、花が咲いた〜!



ヒマラヤユキノシタ
ヒマラヤユキノシタ
小さいけど花よね?



ティアレラ
ティアレラ
花茎が伸びて来てこんなにたくさん咲いた。
調べてみたらティアレラが再び咲くのはそう珍しい事ではなさそうだ。



ティアレラを植えようと考えていた場所にモグラが出没し、様子を見ているうちに1ヶ月経ってしまった。
最近はモグラがルートを変更したようなので、そろそろ植えてあげなきゃ可哀想だね!


2回目の花が見られたのは単にラッキーなのか.....
それともガーデンセンターのお姉さんの間違いなのか.....
どちらにしても咲いてくれて嬉しいなぁ。
日陰に強い子だからなおさら嬉しい!





本日のおまけ

爪ブラシ
爪ぶらし
木製&手作りってのが気に入って買ったもの。
値段は忘れたけど、『えっ、こんな小さな物(6cmくらい)なのに意外とお高いのね!』と思った記憶がある。
これ、すごく使いやすい!
庭仕事シーズン中は毎日何度も使って3年経つけど、ブラシの反り返りもこの程度だったら許せると思わない?


リンゴの椅子に

一番気に入ってるガーデンセンターは、車で20分程の隣町。
名前が覚えられないのでうちでは『私の苗屋さん』って呼んでいる。

気に入ってるポイントは
:苗の質が良い
:値段は平均値だけど、ポットの大きさが他の店より一回り
   大きい。(9cmポットが一般的なら、私の苗屋さんでは
   13cmポット)
:宿根草や野草の種類が多い
   (これらは屋外で管理されてるのでたまに状態がイマイチ
    なのもあるけど....)

今年も鉢に植える1年草をこの 私の苗屋さん で購入。
ポットが大きい分根張りも良くて元気に育つような気がする。




リンゴの剪定枝で作った椅子に今年はペチュニア
にしてみた。
ペテュニア

ペチュニア
渋い色が意外といいなぁ。
ペチュニアは花がら摘みの時、ペタペタしてるので好きじゃないんだけど、この色に一目惚れ。
暖かくなって来たからこれから本領発揮ね。




実はここに植えるために別な花を購入していた。
帰宅してから『私、どうしてこんな花を買っちゃったのかな〜』と不思議に思う。


最初に選んだ花とはベーベナ(ピンク)
バーベナ


それとバーベナ(赤)
バーベナ



想像してみて!
片方にピンク、そしてもう片方に赤.....    
あぁびっくり。


そのビックリなバーベナ達はそれぞれ鉢とつり籠に入って元気に育っている。

イワミツバな一日

やっと初夏らしい暖かさになってきた、続いてくれるといいけど....

今日は一日中イワミツバと戦う。
きのう引っこ抜いてバケツの中に保管してあるセイヨウノコギリソウを植える場所を作らなきゃ〜と頑張った。



選んだ場所は庭の一番奥。
ここは午前中の早い時間帯だけ日が射し午後からは日陰になる。
ほとんどイワミツバに占領されてる〜!
イワミツバ



イワミツバをかき分けるとラン科の植物が出て来た。
蘭




去年突然現れて開花した時はビックリ
蘭
写真、ぼけてるね。去年7月撮影



ドワーフコンフリーだけ残して可能な限りイワミツバを根ごと取り除く。
イワミツバ



たかが雑草取りじゃない!と思うかもしれないけど、これがかなりの重労働。
腕と足はブルブルだし、腰と背中はコリコリだ〜!


せめてもの救いは作業していた所が日陰だったてこと。
椅子を置いといて何度も休憩、汗びっしょりだけど椅子に座ってると気持ちいい日陰のひんやり感。
誰かが冷たい飲み物でも運んで来てくれたら最高なのにねぇ。
はい、自分で持って来て水分補給。



座ってふと見上げたらセイヨウサンザシが咲いていた。
セイヨウサンザシ
高くて思いっきりズームにしてもこのくらい。
極小のバラみたいで可愛い。



サクランボも鈴なりだ〜。
サクランボ




セイヨウナナカマドもまもなく見頃。
セイヨウナナカマド



結局、セイヨウノコギリソウを植え付けるところまで進まないで、明日以降に持ち越しになる。
あぁ疲れた〜、今夜は湿布を貼って寝よう。






セイヨウノコギリソウ

去年、友人から分けてもらったセイヨウノコギリソウ2本を日当りの良い花壇に植えた。
真っ白い小さな花がかたまって咲く姿が好みだわぁ....と花を見る度に喜んでいた。


セイヨウノコギリソウ
セイヨウノコギリソウ
去年7月撮影



友人から『増えるから気をつけてね!』と言われてたけど......
1年経った今、2本が20倍になっている〜。
セイヨウノコギリソウ


もうすぐ開花しそうなのに
セイヨウノコギリソウ



この増殖ぶり、恐ろしいかも。
このままにしておいたら、間違いなく来年はこの花壇全体に広がるだろうな〜。



心を鬼にして抜く事にした。
セイヨウノコギリソウ
こんな風に地下茎で広がってつながってる。



抜いたもの3分の2は取り置く
セイヨウノコギリソウ
広がってもいい場所に移植しよう。



土を掘り起こして丁寧に根を取り除いた...はず。
セイヨウノコギリソウの中に埋もれていたエリゲロンと直播きで発芽した小さな苗(何の種を蒔いたのか忘れてしまって)を花壇の縁に植えてみた。
セイヨウノコギリソウ



何の種をまいたのか忘れてしまった
セイヨウノコギリソウ
これってひょっとしたら、シレネ・ペンデュラ?
だとしたら嬉しいな!
ん〜、咲いてみなきゃ分かんないわね。



もう6月だって言うのに、こんなチビちゃん苗を植え付けた花壇。
なんか雰囲気は『早春』って感じじゃな〜い?


明日は、抜いたセイヨウノコギリソウを植える場所を作らなきゃ。


強風

週末から3日連続の強風
太陽は出てるけど、風が荒れ狂ってる〜!




被害が一番大きかったのはチョコレートコスモス
強風
まもなく開花かな〜と楽しみにしていたのに。
株元から7本出ていた茎のうち、なんと5本も折れてしまったの。
私の心もポッキリ.....



ポピーだってご覧の通り
強風
でもこの子は強いから倒れたままの姿で開花するはず。



オダマキ
強風

強風
必死に耐えているのがいじらしい



つるバラの新芽も......
強風



6mくらいある柳の木はユッサユサ揺れている。
怖くてその近くで庭仕事はできなかった。
株元にあるコンポスターを破壊する勢いの揺れ具合......コワイ!


コンポスターも壊れて来ている
強風
またこの柳を切らなきゃいけないのかな〜。


その他、クレマチスの蕾がついた枝先が3本、バーベナの茎が数本、ポッキリ折れてた。



今回の強風、どれくらいの強さかって
☆移植ゴテで袋から土をすくって外に出したとたん3分の1の土
  が飛んで行く。
☆思わず手放してしまったビニール袋、一瞬で舞い上がり隣の庭
  に飛んでった、ごめんなさい。
☆花に水やりしようと思ってジョウロを使ったら、全然違う所に
  水が飛ぶ。
  目的の場所から15cm風上からがちょうど良かった。


なにもそんな強風の中、庭仕事しなくてもいいのにねぇ。

夜になって風が少し収まって来た。
明日は忙しくなりそう!





フロスククリ


フロスククリ


近くの植物園で これ↑ を見てから、自分の中ではずーっとシレネ・フロスククリだったけど.....

最近、いろんな花ブログを見ていると
リクニス・フロスククリと書かれている事が多い。


いったいどっち?

調べてみたら
シレネ・フロスククリ=リクニス・フロスククリ らしい、紛らわしいよね。

学名の flosは『花』で cuculi は『カッコウ』だって。
カッコウが鳴くころ咲く花って事なのね。
そう言えば最近、カッコウが鳴いてたなぁ。



庭で咲くシレネ・フロスククリ
フロスククリ

フロスククリ



去年、数株拾って来た(?)うち、1株だけが生き残り花が咲いた。

あれは.....去年の調度今頃。
車で走っているとき、道路脇の原っぱにびっしりとピンクの花が咲いているのに目を奪われた。
その辺りは新しい住宅地にでもなるのか、重機が入って整地されてる真っ最中。
かきむしられて無惨な姿になっているピンクの花を数株持ち帰った。(これって罪になりませんよね?)



今日、その原っぱを見に行って来た。
あのシレネ・フロスククリの群生は今年も健在なんだろうか.....と。
フロスククリ

去年より数は減っていたけど、まずまず。
こんな風に自生してるんだね。

最近は白色のフロスククリも気になってしょうがない。
何処かで見つけたら即購入だなぁ。

ラベンダーの支え

うちには2種類のラベンダーがある、どちらも品種は不明。


ラベンダーA
 借家の庭に先住していたもの
 遅咲き・強香・こぼれ種で良く増える
 行儀よく立ち並んで咲く


ラベンダーB
 2010年に小さな苗を買って植えたもの
 早咲き・中香
 花茎が長く伸び、花が咲く頃には倒れてしまう



ラベンダーBは支えが無いととてもだらしなく見える。
こういう品種だとは知らないで購入、失敗したー!

そのだらしない咲き姿ラベンダーB
ラベンダーの支え
ね、ワイルドでしょ?(去年7月撮影)



毎年支えをしている
機能重視型支えラベンダーB
ラベンダーの支え
去年の写真が見当たらず、これは2011年7月撮影。



今年もそろそろ支えが必要になって来たラベンダーB
ラベンダーの支え



リンゴの剪定枝で支えを作った。
あまりにもみすぼらしい機能重視型から、今年はちょっと見た目も配慮して。


ジャーン、光悦垣風支え(すみません、けっして光悦垣をボウトクしている訳ではありませんので)
ラベンダーの支え


横から見たら
ラベンダーの支え



本当はアイアンの支柱とかフェンスの小さいのとか、デザインがオシャレな物を使いたいんだけど......
うちの庭にはそう言うオシャレグッツが似合わないのが寂しい。
とにかくず〜っと気になっていた事が一つ片付いて良かった、良かった!




 
お礼
今年の支えはどうしよう....と思っていた所、いつも楽しく拝見しているブログから『支えのデザイン』のアイデアをいただきました。
ちょしっちさん、早速アイデアを使わせていただきました。ありがとうございます!




5月の花

今日は雲一つない快晴、気温もグーンと高く(と言っても23℃〜25℃)なり、一日中庭で遊ぶ、ヤッホー!!!
雨続きの後の好天に植物達も『待ってました!』とばかりに急成長&開花。
ゆっくり咲き進んで欲しいんだけどね。



残念ながらブログで取り上げられなかった
5月に咲いた花を記録しておこう。


チューリップ(品種不明)5月1日
5月の花



ツルニチニチソウ5月1日
5月の花



こぼれ種ビオラ5月6日
5月の花



イベリス5月6日
5月の花



ドワーフコンフリー5月7日
5月の花



プリムラ・ベラリーナ(ピンクアイス)
     5月7日
5月の花



八重咲き山吹5月8日
5月の花



ラミウム(白花)5月10日
5月の花



芝桜 キャンディストライプ5月21日
5月の花



キャットミント5月28日
5月の花



アレナリア・モンタナ5月28日
5月の花



セイヨウハナシノブ5月29日
5月の花




小花ばっかりだね〜、ふふふ。























おまぬけ主婦の庭日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。