スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭の花

母が到着した日から天候が崩れ、雨続き.......
ず〜っと母は『晴れ女』だと思ってたけど、今回は完璧な『雨女』。
やっと天気も回復して快晴でした。

こうなったら、やっぱり庭仕事よね〜!
母と一緒に気持ちのよい汗かきました。
夕食はBBQ。




ゼラニウム・ロザンネイ
ゲラニウム・ロザンネイ
ポツポツと咲き出しました。
株がすっごく大きくなって、嬉しい驚き!
花期が長いのも気に入ってます。



スカビオサ
スカビオサ
花径8㎝くらい、大きいです。
同じ品種の紫の開花はもう少し先になりそう。



ブルーデイジー
    ブルーデイジー
これも大好きな花。
前住んでた所では地植えで冬越しできたけど、ここでは1年草扱いです。
アーチ両側の鉢に植えてます。



バラ:モーツァルト
バラ:モーツァルト
3㎝ほどの小さな一重の花。
とてもキュートです♪

    モーツァルト
去年はアーチ両側の鉢に植えてたけど、春に梨の木の足元ギボウシの隣に移植しました。
ギボウシの中に入り込んで咲く姿もいいでしょ。



アルケミラモリス
アルケミラモリス
庭のあちこちから集めて石化柳の足元にまとめました。
こういう花ってある程度かたまって咲いてる方が存在感ありますね。

アルケミラモリス
地味な花だけど、よく見ると可愛い〜!
これからさらに黄色が強くなって行きます。


スポンサーサイト

脱皮?

昨夜、母が無事到着しました〜♪
大正最後の年生まれ、満88歳で15時間の一人旅。
途中いろんな人達に助けられて、ちょっとした『冒険』だったようです、ふふ。

あいにく今日から気温も下がり雨模様。
家の中でのんびりしましょう!




ネクタロスコルドゥム・シクラム
 長い名前.....覚えられない〜。

5月4日に蕾発見
    シクラム

2週間後には
    シクラム
中に複数の花が入ってるな〜と思わせる形に。

5月24日 脱皮開始
    シクラム
タマネギの皮みたいなのが剥け始まって.....

5月25日 もうちょっとだ〜!シクラム

5月26日 脱皮完了
    シクラム


5月27日 開花始まる
シクラム
あっら〜、ボケボケ写真ですね。
うつむいて咲いてるので、下からパチリ。
チューリップを逆さにした感じの花。
花弁の内側の色がいいわ〜♡





ツルアジサイ
満開の一歩手前かな。
    ツルアジサイ
甘〜い香りを放ってます。

脱皮?
ツルアジサイ
写真中央、両性花のシベが帽子のような物を押し上げてるのが見えますね〜。

足元には
ツルアジサイ
無数の帽子........
調べてみたら、これって花弁なんですって!
先端がくっついたまま開かず、帽子を脱ぐように脱落する と説明されてました。
なるほど〜。
装飾花に目がいきがちだけど、このシベだけの花も美しいですね♪




クレマチスとラミウム

明日は母が到着、嬉しいなぁ〜♪
天気予報では嵐・強風警報が出てて、飛行機大丈夫?って心配してたけど......
今確認したら警報が解除になってました、ほっ。
でも気温はぐっと低くなるようです。

強風で背が高い花達が折れてはたいへん! と思い、今日はせっせと支柱の補強をしたけど.....
必要なかったかもね〜。



クレマチス:ネリーモーザ
リンゴの倒木に絡ませてあるピンクのシングル咲き。
3年前に購入した時はラベルに確かに『ネリーモーザ』と書かれてました。
でも、ちょっと、疑問???

今年も
クレマチス:ネリーモーザ
最初に咲いたのはダブル。
蕾がたくさん見えるけど、大きな蕾はダブル咲き、小さいのがシングル咲き、たぶん。

ダブル咲きが開花すると
ネリーモーザ
豪華です!
しかもダブル咲きって長く楽しめるんですね〜。

食害だらけ
ネリーモーザ

ネリーモーザ
大きな蕾ばかり被害にあって......
んん〜、許せん!




ラミウム
ラミウムって意外と種類が豊富なんですね。
こちらは品種不明です。
去年夏に購入したポット苗、すっごく広がりました。

親株
ラミウム親株

子株
ラミウム子株
匍匐先で根付いた物を切ってノイバラのトンネルの小道に移植したのが2週間前。
ナメクジ被害にあいながらも花が咲きました。
白い葉が日陰を明るくしてくれるので重宝します。

ピンクの花
ラミウム花
日陰だし花は期待してなかったから、嬉しさ倍増!


野ばら達

ノイバラが咲いて来ちゃった〜!
いつもならこの時期は開花が嬉しくてワクワクするんだけど......
今年は微妙......です。
27日の夜に到着する母に見てもらいたいなぁ。

お願いだから、もう少しゆっくり咲いてっ!


ロサ・ムルティフローラ

ノイバラのトンネル全体
トンネル全体
毎年の事だけど、うまく撮影出来ないもどかしさ......
白い花って難しいですよね。


午後9時半に撮影
    午後9時半
ちょっと暗い感じだけど、白い花がちゃんと見える〜。

トンネルの側面
    午後9時半
今年の仕立ては思惑通りに側面が綺麗に見える!

側面全体
午後9時半
周りにある石化柳とライラックの枝を剪定したので、池の手前からもトンネルの側面が見えるっ!
仕立てはまずまず成功かな、うふふ。





ロサ・カニナ
リンゴの木に絡ませてある原種バラ、ロサ・カニナ。
虫食い被害で調子はイマイチだけど、高くまで登ってます。

全体
    ロサ・カニナ全体

まるでリンゴの花みたい
    ロサカニナ

1.5m〜2.5mくらいの高さで
    ロサカニナ下段

4mくらいから枝垂れて
    ロサカニナ上段

写真だと何が何だか良くわからないけど.....
実際は薄ピンクの花がフワフワ浮いて咲いてる感じが優雅に見えるんですよ。

ピンクの花
ロサカニナ
花径4〜5㎝ほど、前出のノイバラに比べたらかなり大きく感じます。
一重のバラってスッキリしていて品がありますね。


テラスの花壇

家と物置の間のコンクリートブロック敷きのスペース。
うちでは『テラス』と呼んでるの......
午前11時〜午後5時まで日が当たる花壇です。


テラスの花壇全体
テラスの花壇
写真の右が家で左が物置、それをつなぐ壁際にある花壇。
長さ5.5m、奥行き1m。
壁の左半分は遅咲き(?)のピンクの半つるバラ、右半分は白いつるバラ。


花壇の花は左(物置側)から
コリダリス・ルテア
コリダリス・ルテア

コリダリス・ルテア
霜が降りるまでポツポツ咲き続ける、有り難い花。
これもこぼれ種でよく増えるんですよ。



イワミツバ
    イワミツバ
困り者の雑草だけど、バラの肥料が効いてるのか花が大きいんです。

イワミツバ
レースフラワーみたいね。



ラムズイヤー・サルビア・その他
ラムズイヤー・サルビア・その他


ラムズイヤー
    ラムズイヤー
花はこれからです。
モコモコで気持ち良さそう!

ラムズイヤーの周りにこぼれ種からのニゲラ。
手前にはまだ頑張ってる都忘れ。
その右にスカビオサ。


スカビオサ
スカビオサ
種から育てたスカビオサ、今年は一段と大きな株になりました。


ニゲラ
ニゲラ


サルビア・ネモローサ
サルビア・ネモローサ


サルビアの中に入り込んでる
クレマチス:アークティック・クィーン
クレマチス:アークティック・クィーン
開花が楽しみ〜!




コウリンタンポポ
    コウリンタンポポ
去年友人宅から頂いたもの。
またひとつ、雑草が増えちゃった......
恐ろしく増えそうな予感です。

コウリンタンポポ
見事に毛むくじゃら。
これってオレンジ色の花が咲くんですよね。



庭の花

今日は気温も下がり、恵みの雨。
ナメクジ達の楽園でもありますが........

撮りためてあった写真から庭の花を。


シレネ・ユニフローラ(5月17日)
シレネ・ユニフローラ



シレネ・ブルガリス(5月17日)
シレネ・ブルガリス
袋の部分の模様が綺麗〜!



キショウブとアヤメ(5月18日)
    キショウブ
開花時が重なるのは本の数日。
              
5月22日には
    キショウブ
アヤメがすっかり終わってしまい、キショウブの中に取り忘れたポピーが1輪。



チャイブ(5月20日)
    チャイブ
つるバラのコンパニオンプランツとして植えたチャイブ。
3年にもなると花が多くなりました。
もちろん薬味として食卓でも重宝してます。



チェリーセージ・ホットリップス(5月22日)
チェリーセージ
赤花ばかりで、白が出て来ない.......
気温のせいでしょうかね。




明日は朝からお隣さんのお引っ越し。
夫は用事があって出かけるので、私だけでも手伝いに行くつもり。
寂しくなります。




木の花:5

気温30度、日向で作業してると自分の背中が焦げ臭い.......
日陰を追いかけての庭仕事でした。
明日の最高気温は今日の最低気温と同じ予報です。
一息つけるわぁ。

これから咲く木の花も残り少なくなって来ました。


ツルアジサイ
    ツルアジサイ

入り口ゲート脇の壁で、去年よりず〜っと早い開花。
咲き始まったばかりなので微香だけど、そのうち遠くにいても甘い香りが楽しめそうです。

ツルアジサイ
4枚の花びらの様に見えるは装飾花。
ま〜るいのが通常花の蕾で、花びらが開く事は無く帽子状のままポロンと落ちるんですよ。
だから蕊だけが残ってるの、不思議な花ですね。




ベニウツギ
    ベニバナウツギ
剪定しなきゃ〜と思いながら、つい放任で伸び放題です。
弧を描くような枝に花がビッシリ。

ベニバナウツギ






本日のおまけ
5月13日に種蒔きしたセントーレア
    セントーレア

1週間後に発芽
セントーレア発芽
ワクワク♪

双葉が育って来た頃.....
ほとんどナメクジに食べられた〜。

急遽、夜はイチゴパックで保護
セントーレア保護
保護出来てるのは3本だけ......
あ〜がっかり!




カーペット状の花

昨日・今日・明日、たった3日間だけど気温が30度前後.......
最低気温だって先週の最高気温と同じくらい。
身体がついていけませ〜ん。

ノイバラも咲いて来ちゃって
27日から母が来るのでそれまで持ってくれるといいなぁ。



カーペット状の花達を紹介します。

去年のプラティア
プラティア(2013年)
セダムとの境がはっきりとわかるでしょ。
              
今年のプラティア
プラティア(2014年)
セダムの中に伸びていって、一体化してます。
まるで多肉植物の花のように見えますね〜。
花径は1㎝未満、花茎だってせいぜい2〜3㎝の小花です。

プラティア蕾
蕾は米粒くらい......可愛い〜♡




アレナリア・モンタナ
アレナリア・モンタナ
4月20日頃から咲き始まったのでかれこれ1ヶ月経過。
ほぼ満開だけど、まだ蕾も残ってます。
白の固まりが眩しい〜!




ジプソフィラ・レペンス
    ジプソフィラ・レペンス
アルペンブルーの小山のてっぺんで咲いてます。
周りのアルペンブルーの繁殖力に負けて広がっていくスペースがないんです。
どうにかしてあげなきゃ....と思いつつ、今年も苦しそうに咲いて来ました。




ゲラニウム・マクロリズム

去年:日当りの良い花壇で
ゲラニウム・マクロリズム
              
今年:日陰の移植先で
ゲラニウム・マクロリズム
花が少なくなり、葉ばかり大きくなりました。
やっぱりある程度日照があった方が良いみたいですね。



新入りの宿根草

4月の初めに購入した宿根草達のその後。
どれもポテチー1袋以下のお値段なのに、元気に育って花まで咲きました♪


ベロニカ・ゲンティアノイデス
    ベロニカ・ゲンティアノイデス
草丈30㎝ほど。
花はオオイヌノフグリにそっくりです。
終盤です。



デルフィニウム・ガーディアンブルー
    デルフィニウム
花茎2本しかなかったのに、1本が強風でポッキリ。

デルフィニウム
青と紫のドキッとする色合いです。



ルピナス・ギャラリーローズ
    ルピナス
小型品種だそうで、50〜60㎝。
白を買ったつもりが、間違えてピンクを連れ帰ったようです。
でも、可愛い〜♡



タイツリソウ
タイツリソウ

タイツリソウ
♡♡♡



アストランティア
アストランティア
きゃっ、蕾み発見!!!
すっごく小さな株なのに、頑張りますね〜。
これは白花で、同時に赤花も買ったんだけどそちらは蕾の気配がありません。
これからなのかな〜、それとも来年?



庭のプチ改造:完成

ノイバラのトンネルの入り口付近、小道の始まりの場所。
3ヶ月かかって、やっと完成しました〜!

ここは2010年には深い薮だったんです。

2011年には古いコンポスター
古いコンポスター
              
リメイクして
コンポスター リメイク


2013年9月にコンポスター撤去
コンポスター撤去
後ろにある柳が倒れてコンポスターが壊れたの〜。

コンポスター撤去後
更地にする
あとは柳を切ると、けっこう広いスペースだわ.......
改造計画を夢想。


3月から4月にかけての作業は
 過去ブログ:http://garten2010.blog.fc2.com/blog-entry-173.html 参照。




ジャーン、完成!
完成
こういう場所を何て呼んだら良いのかなぁ。
適当な言葉が浮かばないので、うちでは『ステージ』と呼んでます。


あのコンポスターと巨大な柳があった景色とは別物でしょ?

レンガ敷き
レンガ敷き
平らにするのって、む、む、難しい。

初めてのモルタル使い
壁
花壇の方が高いので、土止め用の壁が必要だったの。
楽しかったなぁ、モルタル遊び。

すき間花壇
    すき間花壇


椅子に座ってあたりを見回すと、今まで見た事がないアングルで庭が見えるんです。
なんだか新鮮!

ノイバラを見ると
    ノイバラを見る

手作りアーチ
    手作りアーチ

バードフィーダー
バードフィーダー

芝の種蒔き
芝の種蒔き
土方作業で荒れてしまった芝生。
養生中です。

石化柳の足元に作った花壇
石化柳の足元に作った花壇
植栽を変えて、少し花壇らしくなりました。


嬉しくって、庭仕事の合間に何度も座って庭を眺めてます。
しかも何だか『隠れ家』的で、妙に落ち着くんですよね〜。
今年は石化柳を低く剪定したので、ステージは午前中日当りが良くなりました。
ゆっくりお茶するのは日陰になる午後からが良いですね♪




クレマチスとオーニソガラム

クレマチス:ミスベイツマン
この家に越して来てから最初に買ったクレマチス。
リンゴの倒木に絡ませようと思って......
でも、クレマチスにとっては過酷な場所だったのかもね〜。
毎年細々と咲きます。

クレマチス:ミスベイツマン
開きかけは薄いピンクが入ってるけど

クレマチス:ミスベイツマン
完全に開くと真っ白に。


ここにはもう一種のクレマチスを植えてるんだけど、開花時期が少しずれてるみたいでコラボは見られません。
難しいですね〜。





オーニソガラム・ウンベラータム
 別名:ベツレヘムの星
 和名:オオアマナ

野放し球根ってこういう事なのねぇ、って実感出来る花です。
込み合って来たし、今年は花後に掘り起こしてみよう〜っと。

ウンベラータム


サルビアネモローサと
    ウンベラータム

ペルシカリア・アフィニスの株の中で
    ウンベラータム

この土地に合ってるんでしょうね。
分球やこぼれ種で増えてるみたいです。
思わぬ所で咲いてたりするんですよ。






本日のおまけ
四十雀の赤ちゃん
フワフワモコモコの四十雀の赤ちゃん(フクロウの左下)。
窓越しに撮ったので鮮明じゃないけど.....
親鳥がせっせと餌を運んでました。
羽毛がフワ〜ッとふくれてるので、身体のサイズが親鳥より大きく見えます。
小さい親鳥が大きな雛に餌をあげてるって、何だか笑える光景でした。


今日の庭仕事

背が高くなったり.....
花が重たくなったり.....
実が重たくなったり.....
成長するにつれて自立できなくなる花って多くないですか?

今日はそんな花達に支柱をつけました。
ちょしっちさんのブログからアイデアいただきました、ありがとう!



シレネ・ディオイカ
シレネ・ディオイカ
今年は早いうちから開花が始まり、すでにこんな状態。
可愛い花なんだけど、見苦しいですね〜。
              
    シレネ・ディオイカ
支柱を立てるとこんなにスッキリ。
秋まで咲き続けてくれるので、支柱は必需品です。




モモバキキョウ
モモバキキョウ
見た目的には支柱なんか無い方が良いんだけど......
今年は背が高くなる前に支柱を立てました。



フサスグリ
    フサスグリ
実の重さに耐えられず、枝先が地面につきそう.....
              
    フサスグリ


フサスグリの実
フサスグリの実
たわわ〜!
豊作な予感、7月初めには収穫出来ると思います。


3本あるフサスグリのうち1本だけ支柱を立てた所で、今日の庭仕事はおしまい。
近いうちに他の2本もしなきゃ〜。

フサスグリのそばで
ラズベリーの花を発見
ラズベリーの花
意外と地味なのねぇ。


アジュガとエリゲロン

アジュガ
3年前、芝生の中で咲いているアジュガを抜き取ってあちこちに移植しました。
確かその数は400ちょっとと記憶してます。

芝生の中のアジュガ
    アジュガ
残っていたアジュガが、また芝生の中で増えてますね。

毎年、移植先で綺麗に咲いてくれるアジュガです。
3年間一度も施肥してないので花は貧弱ですが.......


駐車場の脇で
    アジュガ
一緒に植えたリシマキアに負けそう!


マルスグリの足元で
アジュガ


ミズキの足元にも群生してるんだけど、忘れな草とヒメフウロに覆われて全く見えません。
葉物コーナーのふちにも移植してあったのに、春の草取りの際にリシマキアと勘違いして全部抜いてしまったの。
また芝生の中から持って来て移植しよう!


白いアジュガ発見
    白いアジュガ
ノイバラのトンネルの小道で見つけました。
一株だけど、白いアジュガは初めてです。
突然違う色になる事ってあるんでしょうか?
花はもう終わりかけ、しかも石敷き作業のせいで泥だらけ.....
忘れな草の陰になってて気が付かなかったんですね。




エリゲロン
『エリゲロンはよく増える』って聞くけど、去年までうちの庭では実感出来ませんでした。
今年になって、やっと増えて来ました、嬉しい〜♡


去年の6月
去年のエリゲロン
何とか生き残ってたエリゲロン4株を花壇に移植。
こんなに小さかったんですね〜。


そして今
    エリゲロン
こんなに広がりました!
それに赤ちゃん株もいっぱい誕生してます。


エリゲロンとローンデイジー
    エリゲロンとローンデイジー
花壇で咲くエリゲロンと、芝生の中で咲くローンデイジー。
そっくりなお花ですね。


移植
エリゲロン
増えたエリゲロンを数株、ノイバラの小道に移植しました。
ここでも増えてくれるといいなぁ。




こぼれ種組:1

アリッサムセイヨウハナシノブ
 
庭にはこぼれ種で増える花がいっぱいあるけど.....
嬉しい〜、とばかり言ってられない。

赤ちゃん苗の数が圧倒的に多いのは、忘れな草とアリッサム。
どちらも1年草だから、まっ、いいか〜。



アリッサム
去年植えた場所には大勢の赤ちゃんが現れて、
増え過ぎて困るなら抜いて捨てればいいんだけど、可哀想でなかなかそうも出来ないのよね〜。
庭のあちこちに移植して、翌年にはさらに大勢の赤ちゃん誕生......
ねずみ算式に増えてます、ははは。

今日も懲りずにせっせと移植しました。
それでもまだこ〜んなに残ってます。
どんどん成長して花が咲き始まっちゃった、どうしよう.....

多肉植物の中に
アリッサム

赤いつるバラの足元
アリッサム

コンクリートの隙間
アリッサム

セイヨウハナシノブの前
アリッサム





セイヨウハナシノブ
     (ポレモニウム)
    ハナシノブ
友人宅から連れ帰ったのが2年前。
随分株が大きくなりました。
花も綺麗だけど、涼しげな葉が良いですよね。
宿根草で冬には地上部が枯れるけど、春にはちゃんと芽吹きます。

初の赤ちゃん苗を発見。
何でも初めてって嬉しいですね〜♪

苗を移植
ハナシノブ
12個の苗が育ってました。
親株は日当りの良い場所に植えてあるけど、試しに赤ちゃん達は1日2〜3時間しか日が当たらない『明るい日陰』に移植しました。
さて、どうなるでしょうか。



ジギタリス・オダマキ・ポピー・シレネ類......
赤ちゃんを見つけては移植する日々が続きそうです。



木の花:4

ここ1週間ほど雨続き、そして低温。
咲き始まった庭木の花も開花速度がゆるみ、ゆっくり楽しめそうです。
.......と喜んでたら、来週には夏日になる日がある予報だって〜。



セイヨウサンザシ
    セイヨウサンザシ全体
左側から紅スモモとマルメロ、右側からはサクランボに覆いかぶさられて窮屈そう。
どうにかしてあげたいけど、高すぎてお手上げです。

セイヨウサンザシの花
セイヨウサンザシ花
思いっきりズームしてもこれが限界。
花径1㎝くらいで、咲き方がバラにそっくり。
ピンクにちょっとだけ白が入ってます。




アロニアとスイカズラ科の木
    アロニア・他1種
2種類の木が一緒に植えられてて、一本化してます。
高さは2m弱。

アロニアの花
アロニアの花
まん丸な蕾、開くとピンクの蕊が可愛い〜!
蕊は徐々に小豆色に変化します。
秋には黒い実が生るので、これってチョコベリー?

スイカズラ科の花
スイカズラ科花
蔓植物じゃなく木です。
調べてみたけど、これって言うのが見つけられず.....

スイカズラ科花
花は白から黄色へ変化するんです。




アケボノウツギシラタマミズキ
    アケボノウツギ・ミズキ
中央奥のボーッとピンクに見えるのがアケボノウツギ。
右手前がシラタマミズキ。

アケボノウツギの花
アケボノウツギ花
薄いピンクにオレンジ色の編み目模様が綺麗。
萼(?)の部分が毛むくじゃら。

シラタマミズキの花
ミズキ花
秋には白い実になります。





おまけ
アジサイ
あっら〜、もうアジサイに花? 
と思ったら、アジサイの中に入り込んで咲いてるオダマキでしたっ。



花壇の改造(続編)

ノイバラのトンネル付近の花壇の改造........
やっと先が見えて来ました〜!
ここまでの道のりは長かったなぁ、ふ〜っ。


改造前の花壇
改造前の花壇


改造後の花壇
    改造後


☆ラミウム・ガレオブドロンを抜いて植栽を変える
☆地中から出て来た石を敷石として利用
こうやって書き出してみると、上記の2点を変えただけのプチ改造なんだけど......
すごく大変でした!


石を敷く
    石敷き
その後もさらに地中から石が2個出て来たので、合計21個。
小道に敷いてある50㎝角のコンクリートの代わりにしたかったけど.....
数が足りなくて一部分だけ。


手前の花壇
    左の花壇
念願のアスチルベの移植が完了。
その他、フランスギク・ヒメリュウキンカ・スミレ・ペルシカリアアフィニス・アストランティア・シルバーリーフのラミウムも植えました。
アスチルベの手前の土が見えてる所には、セントーレアの種を直播き。
運が良ければ育ってくれるでしょう。


先月購入したアストランティア
アストランティア
待機中に花芽が出て来た〜....
と思ったら、雑草でした、紛らわしいなぁ。




奥の花壇ノイバラの足元
右の花壇

こちらは『暴れん坊花壇』にしました。
繁殖力旺盛な植物達を集めた花壇。
思う存分はびこって下さいっ!

ドクダミ・トリカラー
ドクダミ トリカラー


アマドコロ
    アマドコロ


ラミウム・ガレオブドロン
ラミウム ガレオブドロン


オカトラノオ
オカトラノオ

ラミウムは匍匐して広がるけど、その他の子は地下茎でガンガン増えます。
加えて雑草のイワミツバも共存するはずだから.....
この花壇、来年は恐ろしい事になるかもね。



つるバラと池の周り

今年のバラ達は災難続き。
 アブラムシ
 ウドンコ病
 蜂の幼虫(たぶん) 等々。
やっと株が充実して来たのか、蕾の数はすごいんだけどね〜。

そんな状態でも咲いて来ましたよ♪
しかも雨の中.....



白いつるバラ
つるバラ 白
気温が低いせいでしょうか、ほんのりピンクです。


黄色いつるバラ
つるバラ 黄色
かたい蕾は赤→開くと黄色→咲き進むとアプリコット色 になります。


赤いつるバラ
つるバラ 赤
蕾のうちに蛾か蜂の幼虫に食べられた花。
赤と言っても落ち着いた色で、好みです。
残念な事に香りは微香。


ピンクのつるバラの開花はもう少し先になりそうです。
誘引後に伸びた枝がここ数日の豪雨&強風で まずい事 になってて.....
1週間続いた雨天も明日からは晴れる予報。
どうにかしてあげなきゃ!





池の中では
キショウブが咲いて来ました
    キショウブ


倒れたアヤメ
倒れたアヤメ
池のふちに咲くアヤメ、2日前に降ったあられで倒れてしまいました。
青紫と黄色のコラボを楽しみにしてたのに、残念だわぁ。



堅信礼

お隣の娘さんが14歳になり『堅信礼』とやらのパーティに招待されました。

何度聞いてもよく理解出来ないんだけど.....
『堅信礼』って自己の信仰心を堅く誓い、晴れて教会の正会員となる事......とか。
ま〜、14歳になると大人の仲間入りって事なんでしょうね。

もちろん宗教的儀式ではあるけど、最近では信仰心うんぬんよりパーティにたくさんの人を招待して、集まる『お祝い金』が楽しみ.....な〜んて話も耳にしてます。
真偽のほどは確かじゃないですけどね。

私達が行くとドイツ語の会話を止めてしまう危険があるので、ど〜しようかと思ったんだけど。
せっかく招待していただいたので、プレゼントとお祝い金を持って自宅でのパーティに参加して来ました。
ちなみにプレゼントは読書好きの少女のために『1Q84』(村上春樹)。

久しぶりにお邪魔したお隣さん。
庭にドーンと新しい物体が増えてました。

手作りのBBQとピザ焼き釜
    BBQ
ご主人の手作りですって、いいな〜!


野菜栽培用のグラスハウスの隣には
斑入り葉のウツギ(たぶん)
    斑入り葉のウツギ
白とピンクの花も可愛いけど、斑入りの葉が美しい!
これなら花後も綺麗だろうな〜♪



いろんな人達との話の中で、ショックな情報ゲットしましたよ。

市の条例:庭の木(直径15㎝以上)を無許可
     で切ってはいけない。

      無許可で伐採した場合は罰金1万
     ユーロ(約140万円)。

ただし、申請してもほとんどが許可されないとか。

えぇーっ、知らなかった!!!
柳の木、伐採と言うか根こそぎ取り除いたんですけどっ!
通報するようなご近所さん達じゃなくて助かりました。 

まだまだ知らない事がたくさんあるなぁ。




深みにはまってます!

どんどん深みにはまって、収拾がつかなくなってます!

事の始まりは1週間前から手がけた『アスチルベ救出プロジェクト』。
ノイバラのトンネルの中に植えてあるアスチルベが、茂り過ぎたラミウムに覆われて日が当たらなくなったので救ってあげなきゃ〜。


改造前の花壇
改造前の花壇


別な角度から見ると
別な角度から
このラミウムの茂みの中には
アスチルベ・スミレ・ヒメリュウキンカ・フウロソウ・オダマキ等があるんだけど.....
全てが飲み込まれてます。



ラミウムを抜く
ラミウムを抜く
この後、ラミウムの中から出て来たスミレとヒメリュウキンカも掘り上げて.....


大きな石
ラミウムを抜く
残してあったオダマキの下に大きな石を発見。
さらに、地ならししようと土にスコップを入れたらコツコツ石にあたり.....


石掘り出し作業
石掘り作業
結局オダマキも掘り起こし、地中に埋まってる石探しを。
なんと大きな石が19個も出て来ました〜!
深さ15㎝ほどの所に埋まっていて、根が浅いラミウムを植えた時には気付かなかったんですね。


この花壇は庭の中でちょっと高くなっていたんです。
石を取り除いたせいで花壇が低くなっちゃった.....
それにしても、何のためにこんな大きな石を埋めてたんだろう、不思議。

出て来た石を置いておく場所も無く
急遽、ノイバラのトンネルの小道に敷いてある50㎝角のコンクリートブロックの代わりに使おうかと。
小道の石敷き作業を始めたら、雨、雨、雨。

今日の土方仕事はこれにて終了。
今夜も湿布のお世話になります。




日当りの良い花壇

久しぶりの雷雨。
晴れ間に、庭で唯一日当りの良い花壇の整理を。
雨上がりは草も抜きやすくてはかどりますね。


日当りの良い花壇:整理前
花壇(前)
              ↓
整理後の花壇
花壇(後)
忘れな草を全部抜きました。
あ〜、すっきり!



処分した忘れな草
抜いた忘れな草
大きなバケツがいっぱいに。
まだ綺麗なんだけど、他の花がもやし状態になりそうなので.....



プラティア
プラティア
マット状にひろがったプラティア。
プラティアの花がいつの間にこんなたくさん咲いたの?
....と思ったら、忘れな草の花がこぼれたんですね、可愛い♪



忘れな草を抜いたら、埋もれていたゲラニウムやスカビオサが姿を現しました。
シレネ類は蕾も確認。

シレネ・ユニフローラ
シレネ・ユニフローラ


シレネ・ブルガリス
シレネ・ブルガリス


太陽を浴びてのびのび育って欲しいです。



雑草のような春の花

雑草のように
 こぼれ種で簡単に増える
 ランナーを伸ばして広がる
 地下茎でどんどん広がる
 メンテナンス不要
こんな植物がこの時期の主役になるうちの庭......

華々しさはないけれど、小花達の偶然の組み合わせが気に入ってます。



ノイバラのトンネルの脇で
トンネルの下で
クルマバソウ・フウロソウ・忘れな草・アジュガ・オダマキ




リシマキアとカキドオシ
リシマキア
黄緑色のリシマキアの中に緑のカキドオシ。
こんな組み合わせも面白いなぁ。

カキドオシ
カキドオシの花は小さくてもかわいい〜!
葉っぱは触れると良い香りがしますね。




アマドコロ
アマドコロ
この春の新入りです。
今の所2本だけど、来年はニョキニョキと増えるんでしょうね。

アマドコロ
白〜緑のグラデーションが綺麗!




ミズキの足元で
    ミズキの足元で
背が高い花はテリマ・グランディフローラ、左にフウロソウ。
全体に忘れな草がまばらな感じに。
よく見ると茂みの中にアジュガも見えますね〜。
好きだなぁ、こういう雑草のような花達!




その後の忘れな草
    忘れな草
随分背が伸びて、そろそろ終わりですね。

忘れな草白花
群れの中に真っ白な忘れな草を発見!



ライラックとアヤメ

長期滞在中の友人の帰国が近づいて来て......
あれもこれも手伝ってもらおうと焦ってます。
今日は、大嫌いな窓ふきをしました〜。
でも、窓が綺麗になると心の曇りまで晴れるような気がしますね。
ついでに作業部屋の窓もピカピカに!


ライラックとアヤメ
    ライラックとアヤメ
この季節のこの場所の景色が好きです。
ライラックは少し盛りを過ぎ、アヤメはこれからますます元気に。
かろうじてこの組み合わせが見られるのもほんの一時なんですよ。

右側の建物、作業部屋からの眺めもこの時期は特にいい感じ〜!


ピカピカになった窓から
窓から
ねっ、ライラックとアヤメのコラボが素敵でしょ!


窓2面からの眺め
窓から


もう一枚
窓から
この角度だと右側の窓にはノイバラも見えてますね。
石化柳やライラックを剪定して、さらにノイバラの仕立てを変えた甲斐がありました。
今年はこの窓からノイバラの花も楽しめそうです。


そのノイバラ
    ノイバラ蕾み
蕾が膨らんできました〜。
アブラムシがたくさんですけど......



一方、入り口ゲート付近にある
薄紫のライラック
ライラック
ほぼ満開です。
いい香りですよ〜。


ライラックが終わる頃、ゲート脇にあるツルアジサイが甘い香りを放ってくれるんです。
このあたりはしばらくの間、香りが楽しめます。


えぇ〜っ?


ペチュニア
ペチュニア
今年のペチュニアは明るめの色を選択しました。
珍しいアプリコット色.....と思っていたら、新しく咲いた花を見てビックリ!
最初は鮮やかな黄色なんです。
そのうちアプリコット色に変化するんですね〜。



ゲラニウム・ビオコボ
ゲラニウム・ビオコボ
蕾が上がってたのも開花したのも全く気が付きませんでした。
優しいピンクに赤のグラデーションのシベが綺麗!

ビオコボ
忘れな草に覆われて目立たなかったんですね。




フリチラリア・ペルシカ
    フリチラリア・ペルシカ
背丈30㎝まではグングン伸びてたのに.......
成長が止まってしまいました。

花芽が付くべき所に
フリチラリア・ペルシカ
これ、な〜に???
3週間経っても何の変化も見られず....
今年は花が咲かないで終わりそう。
来年に期待ですね。

こんな花なのに〜
    こんな花




赤いつるバラ
赤バラ

赤バラ
誰の仕業でしょう。
蕾がたくさんついてるけど、健康な蕾が少ないです。






本日のおまけ

露地物のホワイトアスパラが出回ってます。
ホワイトアスパラ
スペイン産のは通年スーパーで買えるんだけど
地元産の旬のホワイトアスパラはやっぱり甘みがあって美味しいな〜。



ゲラニウムとヒメフウロ

どちらもフウロソウ科フウロソウ属の植物なんですね。



ゲラニウム・シネレウム『バレリーナ』

ゲラニウム・シネレウムってピレネーに咲くゲラニウムの原種の一つなんですって。
どんな花なのか山で見てみたいものです。
この『バレリーナ』は園芸品種です。

snap_garten2010_201456214053.jpg
4月1日に購入した時はこんなに小さかったのに......


5月1日には
ゲラニウム・バレリーナ
花が色づいて来ました、ドキドキ♡


そして今日
バレリーナ
待ちに待った 開花1号 です!
ピンクの花びらにワイン色の筋が美しい〜♪
花径3〜4㎝程ですよ。


まだまだ小さな株
バレリーナ
石化柳の足元に植えました。
こちらの気候では、高さ15センチ・日向から半日陰・花期は6月〜9月となってます。
これからの成長が楽しみだなぁ。




ヒメフウロ
ヒメフウロ
小さな花だけど、野趣があって好きです。
去年、庭のあちこちから掘り上げて数カ所にかためて移植しておきました。


ヒメフウロ
ラミウムに覆われながら咲いてます。
場所選びが悪かったかな〜。
再度引っ越しを検討中。







本日のおまけ

鳥かご
鳥かごで食事中の四十雀。
まるで飼ってるみたいじゃない? うふっ。




白い小花達

日中雨が降るのは久しぶり。
中断しながら、今日もレンガ敷き&レンガ積みしました。
初めてのモルタル使い.....楽しかった〜!

庭では白い小花達が目立って来ましたよ。


スズラン
    スズラン
プックリした蕾が可愛い〜♡
まもなく開花ですね。 



クルマバソウ
クルマバソウ
ラミウム(黄花)に覆われてたのをノイバラのトンネルの足元に移植したのが3月下旬。
無事に咲いてくれました。

クルマバソウ
すごく小さな花だけど、この純白は目立ちますね。



オーニソガラム・ウンベラータム
ウンベラータム
あちこちで増殖中です。
これも日当りの良い場所から咲いて来ました。



セイヨウミミナグサ
セイヨウミミナグサ
先日森歩きでこの花の群生を見て来ました。
うちのもやっと咲いて来ましたよ。

セイヨウミミナグサ
好きなんですよ、こういう小花。
花びらの形がウサギの耳のように見えませんか?



ラミウム(白花)
ラミウム
なかなか咲いてくれないな〜.....と思ったら
ナメクジに食べられてました!



アネモネ・シルベストリス
アネモネ・シルベストリス
4月1日に開花株を購入して調度1ヶ月経過。
そろそろ花も終わりでしょうか。

アネモネ・シルベストリス
花はシュウメイギクにそっくりだと思いましたが
花後の球体も似てますね〜。
これも綿毛のような種になるのかなぁ、観察してみよう!


セイヨウオダマキ

こぼれ種で年々増えていくセイヨウオダマキ
赤ちゃん苗を見つけては数カ所にまとめておきました。
日当りの良い所から順に開花が始まりましたよ。



オダマキ




オダマキ



ピンク
オダマキ



バーガンディ色
オダマキ
これはこぼれ種組じゃなく、今年購入した新入りです。
色に一目惚れ!
花が上を向いて咲くオダマキなんでしょうか?

オダマキ
蕾の色も素敵です!
角も他のオダマキとは違ってはっきりしてますよ。
狐の顔みたい.....

オダマキ
葉脈も茎もほんのりバーガンディ色なんです。



ピンク&白の混ざり
オダマキ



白い縁取りの紫
オダマキ



紫のグラデージョン
オダマキ


実生で増えた子は、咲いてみるまで何色か分からないのでドキドキです。
しかも交雑種も出て来るので、今まで無かった色やセミダブル・ダブル等の新種が生まれてるような気がします。
どんな花が咲くんだろう....と、ワクワクしながら待つのも楽しいな〜♪


おまぬけ主婦の庭日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。