FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーベルもどき

5年前にご近所さんが庭から掘り起こして分けてくれました。
『ブルーベルだよ!』って言ってたけど........


ブルーベルの特徴
1:花茎の先端が湾曲して下垂する
2:花弁の先端が外側にカールする
3:花は花茎の片側からのみ釣り下がる
4:花粉を包む葯はクリーム色
5:花は長い筒状


上記の5点に注意して庭の花を見てみると
1:花茎はそこそこ湾曲
    花茎


2:花弁がカール
5:花は筒状だけどそれほど長くない
花弁がカール


3:花茎の両側から花が釣り下がってる〜 
片方から


4:葯はクリーム色
花粉を包む葯

 
以上の5点からブルーベルではないと判明。
かといってシラーカンパニュラータの特徴とも一致しない点があるし.....
交雑種なんでしょうかね。

この花、うちではブルーベルもどきと呼ぶ事にします!




ブルーベルもどき
狭い場所で窮屈そうに咲いていたので、4カ所に分けたのが2年前。
それぞれ日照時間が異なるけど、どんな環境でも綺麗に咲いてくれました。


午後から日没まで日が当たる場所
黄色いつるバラの足元
    シラーカンパニュラータ
一番最初に開花、下の方の花がダメになって来てます。


午前中だけ日が当たる場所
石化柳の足元
    シラーカンパニュラータ


午前中3時間弱の日当り
ドワーフコンフリーに埋もれてる〜
    シラーカンパニュラータ


午前中2時間の日当り
紅スモモの足元
シラーカンパニュラータ
一番後に開花で、まだ蕾が残ってます。


植えっぱなしでも毎年花が咲くし、分球でどんどん増えます。
日陰でもちゃんと咲いてくれましたよ。
強い子ですね〜!



スポンサーサイト

コメント

ブルーベル(もどき?)さんたち、綺麗に咲いてますね!
これだけまとまって咲いてくれると見ごたえあって素敵です。
筒状のお花は十分長く見えるし、
ごつく直立するヒスパニカと違って枝垂れて咲いているし、
イングリッシュ・ブルーベルかと思えちゃいますよね。
香りはどうですか?
私も、うちにある2種を比較してみましたよ。
うちの「イングリッシュ・ブルーベル」も、なんだか交雑種っぽい気がしてきました。

ぶるどねーじゅさん
毎年疑問を抱きながらもしっかり調べていませんでした。
うちのは花茎の両側から花が釣り下がってるので、やはりブルーベルではないと思います。
葉幅も少し広い様な......
香りは弱いです。
ブルーベルは強い芳香を放つと言われてますが、ベルギーの森で群生しているブルーベルを見た時に香りは気付きませんでした。
あの青い絨毯の様な群生もひょっとして交雑種???

どちらにしても庭で咲く青い花はとっても綺麗なので、満足かな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おまぬけ主婦の庭日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。